首イボ 除去と治療

いぼ除去品
楽天市場で通販されている、うおの目・たこ・いぼ除去用医薬品、スピール膏など商品一覧はこちら↑↑

首イボ原因

首イボの原因についてまず見てみましょう。

「いぼ」は様々な場所にできるものです。

顔、胸、ワキ、首、手の甲、瞼(まぶた)、足の裏など、色々な場所にできる可能性があります。

その中でも、顔や手、首、瞼など他人から見えるところにできるいぼはとても気になりますね。

イボコロリなど市販でもイボ除去のための塗り薬などが販売されていますね。

首にできるイボの主な原因ですが、ウイルスによるものです。

そして、いぼが出来やすい体質かできにくい体質かどうか、というのも大きく関係してきます。

首にできる「いぼ」原因と種類

首にできるイボの種類ですが、アクロコルドンと、スキンタッグ、軟性繊維腫があります。

アクロコルドンはまだ小さく、あまり盛り上がっていないイボで、スキンタッグはアクロコルドンよりも少し大きいもの。皮膚から飛び出したいぼです。

軟性繊維腫は5mmを超える大きないぼです。

イボができる主な原因は加齢。年齢を重ねることで出やすくなるのだそうです。

そしてもう一つは、ウイルス。

イボが出来やすい体質というのもあります。多いのはプールなどでウィルスをもらってしまうことだそうです。

首いぼ除去、治療法

首いぼ除去と治療方法についてです。

いぼ除去の方法ですが、多くは液体窒素を用いた冷凍療法となります。

皮膚科ですぐにやってくれます。

液体窒素を用いた冷凍療法は、-200度近い低温の液体窒素で冷却したピンセットを使用します。

これでイボを摘んで治療をします。

治療箇所にもよりますが、瞼のイボを取った知り合いによると、さすがに瞼は痛かったそうです・・・。

大きなもイボ(軟性繊維腫)の場合には、イボの根元をメスで切り取る簡単な手術となります。

また、レーザー治療をするところも最近では増えてきています。

イボの種類

首イボを中心に掲載していますが、ここで「いぼ」の種類について少しまとめてみたいと思います。

 

・脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

老人性のイボです。加齢を重ねるにつれて、顔や体にできるのが特徴です。中年以降に出来やすいとされます。

ザラザラしているのが特徴のイボなので、気になる方は治療されると良いと思います。小さなぶつぶつ、目の周りにありませんか?

汗管腫といわれるものです。

 

・青年性偏平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)

ウィルス性のイボです。このいぼの特徴としては、顔や手の甲などにシミに似たものが多くできること。若い女性に多いのも特徴です。ウイルス性のいぼのため、増えることも多いイボです。

 

・尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

ウイルス性のイボです。いぼができる場所としては手足の指、膝、足の裏などです。小さな丘疹だったものが段々と大きくなりイボになります。

 

・伝染性軟属腫(水いぼ)

伝染性軟属腫のウイルスで、人に感染しやすいのが特徴です。

水イボは小さな子どもにも良く見られるいぼです。水イボが感染する場所として多いのはプール。

イボが出やすい体質、出にくい体質の人がいますが、体質的に自覚のある方は、プールでは気をつけたほうが良さそうです。

痒いのでついつい掻きたくなりますが、潰すとイボが広がってしまう可能性があるので注意しましょう。

イボの除去、治療は出現しているいぼの種類や大きさなどで異なることもありますから、気になる場合には皮膚科で受診して、治療してもらってくださいね。