首イボ 除去と治療

いぼ除去品
楽天市場で通販されている、うおの目・たこ・いぼ除去用医薬品、スピール膏など商品一覧はこちら↑↑

スキンタッグ(スキンタグ)治療

スキンタッグ治療について、情報を調べてみました。

様々な場所に出来る、イボ。

いぼは加齢によって出来やすくなりますから、中年以降に疣が出来る人が多いですが、20代でも多くの人に現れるものです。

「いぼ」と一言でいっても、アクロコルドン、スキンタッグ、軟性繊維腫と種類が異なってくることを前回の記事ではみてきました。

 

ちなみに、おしりにある痔かな?と思っていた皮膚の固まり、外痔核かなと思ったいたものが実はスキンタッグだった、ということもあるそうです。

このあたりにできたイボは、自分ではなかなか見ることが難しいですよね。

血管が集まったものではなくて、皮膚がたわんで見えるようであれば、痔核ではなくイボである可能性が高いです。

とはいっても、よく見えない部分でもありますし、家族に見てもらうのも恥ずかしいということもあるでしょうから、心配な場合には一度受診されると良いと思います。どちらにせよ、はっきりとイボか何かが分かったほうが気持ち的には安心すると思いますので。

では、スキンタッグの治療についてみていこうと思います。

皮膚科でのスキンタッグ切除、治療

イボ(スキンタッグ、アクロコルドン)を治療する際には、レーザー治療か液体窒素を用いた冷凍療法が主となります。

レーザー治療はまだ街の小さな皮膚科などではあまり普及しているとは言い難いようです。

いぼ(疣)は治療をしても他の場所にできやすい、再発しやすいものですが、レーザーメスによって治療をすると比較的一度でキレイになるといわれています。

液体窒素によるいぼ切除は、液体窒素で冷やしたピンセットでイボをつまみ、いぼ治療をします。

 

いぼ治療は保険適応ですから、思ったよりも安く治療が出来るというのが多くの方の感想のようです。

もちろん、レーザー治療などの場合には費用は液体窒素によるイボ除去よりも高くなります。

一度イボができるとその後も出来やすい傾向がありますから、いぼが広がる前に治療をすると良いかも知れません。

スキンタッグ(スキンタグ)とは

スキンタッグとは、小さいイボ(アクロコルドン)よりも少し大きいイボです。

皮膚から飛び出して見えるので、いぼとして目立つ状態になっています。

イボが出来る原因というのは、ウィルスですから、下手にいぼを潰したりすると、他の場所にまたイボが出来てしまいます。

気になる、または自分で削って治そうとすると余計に体のあちこちにイボが出来てしまう可能性もありますから、あまり下手にいぼをいじらない方が良いでしょう。

通院している場合であれば、皮膚科の医師の方針に従って治療を進めていきましょうね。

ちなみに、漢方、ヨクイニンやハトムギ茶がイボに効果があるといわれています。

⇒ 楽天市場 ヨクイニン関連商品と値段比較を見る

口コミや体験談も書かれている商品もありますから、一度チェックされてみてはいかがでしょうか。