ポツポツ首イボがポロリ!おすすめのイボ除去クリーム

首イボ 除去と治療の方法について掲載しています。首に出来たぽつぽつしたイボ、顔などにもできることがあります。
首いぼを取る方法には、イボ除去クリームを使う方法、液体窒素で取る方法、レーザー治療などがありますね。また、イボの種類、治療方法などについてもご紹介しています。

首イボについて

首イボができる原因

どんなことが原因で首イボはできるの?

首いぼを始めて見つけると、まさか自分にできるなんて・・・とショックを受けてしまいますよね。

もしかしたら病気かもしれない、なんて不安になってしまうこともあるでしょう。

一度できてしまうと、気になる首いぼ。

首いぼができやすい人は、どんなことが原因で発生しているのでしょうか。

肌への摩擦や紫外線が原因

肌への摩擦が原因で、首いぼができることがあります。

摩擦の多い部分は、首回り・胸・ワキの下・横腹・太ももの付け根などになります。

この部分は、服や下着、体の動きによって摩擦が起きやすい場所になりますね。

肌に直接擦れることが原因になり、イボができやすくなるようです。

また、紫外線のダメージが一定量を超えるとシミが盛り上がってイボが発生する原因にもなると言われています。

加齢が原因

首いぼの原因は、加齢によるものが多いとされ、中高年以降に発生しやすくなっています。

30代頃から首いぼができやすくなり、更年期がすぎた頃が1番できやすくなります。

60代を過ぎる頃にはほとんどの人が首いぼができてくるようです。

加齢によって肌の代謝が悪くなり、摩擦や紫外線によるダメージが回復されずに溜まってしまうことが首いぼの原因になります。

しかし、首いぼができる原因は体質によることもあるそうです。

早ければ20代頃からできてしまう人もいるので、首いぼを見つけたときにはケアをするようにしましょうね。

肥満が原因

最近、急に体重が増えた、という人も注意が必要です。

肥満が原因で皮膚がたるんだり、擦れることで肌が角質化しやすくなってしまいます。

また、肥満による代謝が低下することが首いぼの原因を作ってしまいます。

皮膚のターンオーバーを良くすることが大切!

首いぼができないようにするためには、皮膚のターンオーバーを良くすることが大切です。

年齢を重ねることで皮膚のターンオーバーが悪くなってしまうと、皮膚のダメージが回復されないまま溜まってしまい、それがイボとして出てきてしまうことがあります。

加齢による首いぼをできにくくするためには、肌のターンオーバーを高め皮膚の生まれ変わりを促すことが必要です。

ターンオーバーを良くするには、バランスの取れた食事・規則正しい生活習慣を送ること・適度な運動を心がけ、たっぷりと睡眠をとり、上手にストレスを解消することも大切です。

肌の状態は生活習慣が大きく関わってきますので、加齢による首いぼを予防するために生活習慣を規則正しく送ることが必要です。

その他にも、摩擦や紫外線のダメージを減らし、肌の保湿を心がけるようにしましょう。