ポツポツ首イボがポロリ!おすすめのイボ除去クリーム

首イボ 除去と治療の方法について掲載しています。首に出来たぽつぽつしたイボ、顔などにもできることがあります。
首いぼを取る方法には、イボ除去クリームを使う方法、液体窒素で取る方法、レーザー治療などがありますね。また、イボの種類、治療方法などについてもご紹介しています。

首イボ 病院で除去する場合

首イボ 病院での除去方法

皮膚科や美容外科で首イボを除去する

ずっと気になっている首イボ。除去したいけどどうすればいい?

首イボを取る方法のひとつに医療機関で首イボ取る方法があります。

皮膚科や美容外科ではイボ除去を行っており、実際に皮膚科や美容外科で首イボを除去している人は多いですね。

専門医師が治療を行なってくれるので安心して治療を受ける事ができます。

病院での主な治療法ってなに?

液体窒素での除去

液体窒素での除去は医療機関での代表的な治療法になります。

イボに-200℃の液体窒素を含めた綿棒などを当てて、患部を低温やけどさせます。

そうする事でイボの組織が壊死させイボを除去する治療法です。

レーザー治療

イボ除去に使用されるレーザーの多くが炭酸ガスレーザーになり、麻酔後に患部にレーザーを当てイボを蒸散させます。

大きなイボや離治性のイボ除去にこのレーザー治療法が用いられる事が多いですね。

また、レーザー治療法にはお肌への負担が軽いYAGレーザーもあるので、安心してイボを除去する事ができます。

電気焼灼法

電気焼灼法は電気メスを使ってイボを除去する方法です。術後1~2週間は跡が残りますが、時間が経てばイボのないキレイな皮膚にもどります。

手術自体も簡単なものなので短時間で済みます。

治療薬

イボを除去できる内服薬もあるんですね。イボの除去に役立つ成分ヨクイニンが含まれていて、免疫力を高め、お肌の健康を保つ事ができます。イボの他にもニキビや肌荒れにも効果的です。

小さなお子様や傷が付くのが怖いという人には治療薬でイボを除去するのがおすすめです。

ただ、治療には多くの時間がかかってしまうのがデメリットです。上記でご紹介してきた治療法だとすぐにイボを除去する事ができますが、内服薬だと徐々にお効果が現れてくるのでキレイにイボをなくまでには多くの時間が必要になります。

治療費はどのくらい?

病院で首イボを除去する時、気になってくるのが治療費だと思います。

実際に病院で首イボを除去したいけど費用が心配という方も少なくはないと思います。

病院で首イボを除去する際にかかる治療費を以下にまとめてみました。

【液体窒素での除去】
治療費:1000円前後(保険適用)

【レーザー治療】
治療費:1万円~(保険適用外)

【電気焼灼法】
治療費:3000円前後(保険適用)

【治療薬】
治療費:1000円前後(1ヵ月分・保険適用)

自分で首イボはとれないの?

実は首イボは医療機関に通わなくても自宅で取る事もできるんですね。

日頃から首のケアをしっかり行って、お肌の健康を維持できれば首イボは消えます。

今では首イボ除去クリームというもの誕生していて、首イボ除去クリームを日頃から使用することで首にできたイボをキレイにする事ができます。

首イボ除去クリームには先ほどご紹介した内服薬に含まれているヨクイニンをはじめ美容成分など様々な成分が含まれていてお肌をしっかりケアしていく事ができます。

お肌の健康を保つ事ができればお肌のターンオーバーも正常に戻り、首にできたイボもキレイになくなりますよ。

首イボ除去クリームを利用すれば医療機関に通う必要はありませんし、美容もサポートする事ができるのでまずは首イボ除去クリームを使ってお肌のケアか始めてみてはいかがでしょうか。