ポツポツ首イボがポロリ!おすすめのイボ除去クリーム

首イボ 除去と治療の方法について掲載しています。首に出来たぽつぽつしたイボ、顔などにもできることがあります。
首いぼを取る方法には、イボ除去クリームを使う方法、液体窒素で取る方法、レーザー治療などがありますね。また、イボの種類、治療方法などについてもご紹介しています。

首イボ 病院で除去する場合

首イボの除去方法 皮膚科 料金

皮膚科で首イボを除去する時の費用っていくら?

首イボを除去する方法のひとつに皮膚科でイボを除去する方法があります。

医療機関で首イボを除去する事になるので安全性は高いですが、気になるのが治療にかかる費用だと思います。

もし、保険適用外なら治療費を全額負担しなければいけない訳ですから、首イボを取りたいと思ってもすぐには行動できませんよね。

また、イボの種類によっても治療方法は異なってくるので皮膚科で首イボを除去する際に事前に治療方法や費用の事を把握しておくといいでしょう。

首イボ除去で多く用いられる液体窒素を使った治療方法

首にできるイボ。その多くが5mm以下の小さなものです。

5mm以下のイボを除去する時によく用いられる治療方法が液体窒素を使った冷凍療法です。

この冷凍療法はマイナス200度近い超低温の液体窒素に浸したピンセットや綿棒をイボに押し当て低温やけどのような状態にしてかさぶたをつくります。

時間が経てばイボとなったかさぶたは自然に剥がれ落ち、イボが取れるという訳です。

少々の痛みは生じますが、我慢でないほどの痛みではなく、治療時間も短時間なのですぐに治療をする事ができるでしょう。

気になるこの冷凍療法の治療費は、保険が適用され、1000円~2000円前後で済みます。イボの数が多ければこの金額よりも高い治療費になるでしょう。

炭酸ガスレーザー治療

イボの大きさが大きくなっってくると液体窒素を使った治療方法ではなく、炭酸ガスレーザーを用いた治療方法でイボの除去が行われます。

この炭酸ガスレーザー治療はイボ自体にレーザーを当ててイボの組織を蒸発させて焼き切る事になります。

傷跡も残らずキレイにイボを除去する事ができる治療方法です。

しかし、この炭酸ガスレーザー治療は保険が適用されず、高額な費用がかかってしまうのが難点。

治療をうける皮膚科によって治療費は異なり、相場としては1つのイボで2000円~5000円くらいと見ていた方がいいでしょう。もし、除去したいイボが複数ある場合は何万円という治療費がかかってしまいます。

切除手術

上記でご紹介した冷凍療法や炭酸ガスレーザー治療で除去する事ができないイボには切除手術が行われます。

手術といってもそこまで大がかりな手術ではなく、イボの根元をメスで切除し、傷口を縫い合わせる簡単な手術です。

局部麻酔をするので痛みはなく、1回の治療でイボを完全に除去する事ができ、切除手術には保険も適用されます。

しかし、手術ということで他の治療よりも治療費は高く、1万円前後になるでしょう。

ヨクイニン内服療法

皮膚科でイボを除去する時、上記でご紹介してきたようなイボを直接取る治療の方法以外にも内服薬で身体の内側から治療を行なってイボを取る方法もあります。

外科治療ではないので痛みはもちろんありません。

ただ、治療に長い時間がかかるというデメリットがあります。薬を飲んだからと言ってすぐにイボが取れる訳ではないんですね。

その上、大きくなりすぎたイボにはほとんど効果はなく、小さなイボを除去したい方向けの治療法になります。

ヨクイニン内服療法の治療費は保険が利いて1ヵ月500円~1000円前後になるでしょう。